クッキング

・道具の使い方を知り、手指の操作性を養う

・”できた”という満足感、達成感を重ね、自信をつける

・調理工程を通して順序性、計画性を知る

・”つくる”、”手伝う”おもしろさ、表現する喜びを知る

・アイディアなど発想力を養う

・食育にもつなげる

クッキング療育で期待される効果

例)いちごプリンを作る工程

①いちごをナイフでカットする

・食材に触れる(視覚、触覚)

・手指感覚器官への成長アプローチ

・手指の高次元化

・想像力の成長

・数、数字の概念の学習

②バターと砂糖でフルーツを炒める

・物質の変化を知る(視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚)

・手指の高次元化

・集中力の醸成

・時間的感覚認知の発達

③牛乳、卵、砂糖、バニラを混ぜ合わせる

・物質の変化を知る(視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚)

・手指の高次元化

・集中力の醸成

・時間的感覚認知の発達

・数・数字の概念

④ ①と②を混ぜ合わせ器に入れる

・手元への集中(視覚、触覚)

・手元をよく見る力

・手指の高次元化

・集中力の醸成

・イメージ力の成長

⑤蒸す

・物質の変化を知る(視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚)

・手指の高次元化

・集中力の醸成

・想像力の成長

・時間的感覚認知の発達

⑥冷やして完成!

・物質の変化を知る(視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚)

・達成感の会得

・時間的感覚認知の発達

⑦お客様へ提供

・自信、意欲、チャレンジ精神の向上